「糖質によって引き起こされるものとは・・・(前編)」ヨガ・健康・パーソナルトレーニング ブログ

2020.09.16|スタッフブログ

こんにちは。

夫婦で営むスタジオ

1対1で向き合う健康づくりのパートナー(パーソナルトレーニング・レッスンスタジオ)から!

ヨガ・健康・パーソナルトレーニング ブログ

 

今日は、現代病ともいわれる

「糖質」について少しふれていきます。

 

現代人は必要以上に「糖質」を摂っております。

こういう話をすると極端に

「炭水化物抜き」をする方がいらっしゃいます。

 

ですが、それも間違った視点であります。

5大栄養素の中に「炭水化物」は入っておりますよね。

なので、ここでいう「炭水化物抜き」はNGです。

 

今日お話しするのは「糖質」として

以外に多く摂取しているものです。

 

〇 お菓子類(パンなども含む)

〇 清涼飲料水(100%ジュースなども含む)

 

で、よくあるの事ですが、お菓子の中でも

甘くない「せんべい」ならOKと思って

食事をきちんと摂らず、そうした物を摂る方も要注意!!

 

みなさま、少し想像してみて下さい。

 

昼食は「パン」を食べる。

「おにぎり」のみでもいいです。

麺類の「カップヌードル」でもOKです。

 

「脂質やたんぱく質」が無い、そうした昼食だと

満腹にはならず、なにか物足りなく「お菓子や他の何か」を

食べてしまう。

 

ですが、「脂質やたんぱく質」を摂る昼食だと・・

「満腹感」がでてきます。

たとえば、「鮭のムニエル」や「鶏の胸肉」料理など・・・

 

一度試してみて下さい。

では、「この満腹感」の差はなんでしょう?

 

実は、この「満腹です」という指令を送るのは

脂肪細胞から分泌される「レプチン」という

「満腹ホルモン」です。

 

この「満腹ホルモン」は

「脂肪やたんぱく質」を摂ることで

たくさん分泌されることが報告されております。

 

逆に「糖質」や「炭水化物の摂り過ぎ」は

「満腹ホルモン」があまり分泌されません!

なので、ついつい食べる、欲しくなる。

 

負の連鎖が起こるのです。

そして何よりも「糖質」によって

引き起こされるものがあります。

 

次回はその「引き起こされるもの」について

お伝えしていきます。

 

 

2020年1月から外ブログ始めました。

「イーラパーク ブログ」です。イーラパークブログ

「あなたは湿布を使用する派?しない派?」連載中です。

 

よろしければ、そちらもご覧くださいね(^_-)-☆

 

●オリヴィンでは、体験レッスンを随時お受けしております●

詳しくはこちら↓

体験レッスン随時受付中!