ヨガ・健康ブログ「ニセモノの食欲」アーユルヴェーダより

2019.06.10|スタッフブログ

こんにちは。

夫婦で営むスタジオ

1対1で向き合う健康づくりのパートナー(パーソナルレッスンスタジオ)から!

 

ヨガ・健康ブログ

 

今日は少しアーユルヴェーダのお話しです。

アーユルヴェーダというとオリヴィンの生徒様の中には

少しだけ触れたことのある方いらっしゃると思います。

医療というと日本では、西洋医学が中心でしたが、

最近は統合医療や代替医療も少し入ってきました。

 

東洋医学やインドのアーユルヴェーダ
免疫療法、温泉療法、アロマセラピー、ハーブ療法・・・
いくつかありますよね。

今回「ニセモノの食欲」についてですが、
現代人は食べ過ぎの傾向にあります。
もちろん、ダイエットしたい気持ちもある方少なくありません。

食べ過ぎの現代人に起こる傾向として
お腹が空いていないのに食べてしまう。
あるいは、空腹感がずっと続いてしまう。

ここで、インドの「アーユルヴェーダ」では
お腹が空いたと感じた時
それが、本物の食欲か見極める方法があります。

「コップ1杯の水を飲む」です!目安は「100~150CC」

飲んで落ち着いたら「ニセモノの食欲」となります。

飲んでお腹が鳴っていたら、カラダが軽くてエネルギッシュ!

他にも臭いのないゲップが出る、喉がかわく・・・

お腹が空いている証拠なので、食してOK(^^)v

 

また、お腹が空いていないのに食べてしまうと

アーユルヴェーダでは「アーマ」になるとされております。

「アーマ」とは未消化物・毒素のことです。

 

この「アーマ」こそがあらゆる病気を招くとも言われております。

例えば、ガンやうつ・・・

 

アーユルヴェーダもとても興味深く、学びは尽きませんね(^_-)-☆

 

 

●オリヴィンでは、体験レッスンを随時お受けしております●

詳しくはこちら↓

体験レッスン随時受付中!