ヨガのポーズと呼吸の大切さ

2015.11.29|スタッフブログ

Olivine(オリヴィン)では、呼吸の大切さを普段のレッスンでも身体を通して
解剖学的に説明させていただいております。

私達はヨガやトレーニングを通して、なぜそうなるのか、なぜそうしたいのかを一人一人の身体を通してわかりやすく説明しお伝えしております。

今流行りとなっているヨガは、ポーズだけを取り出して、本来のヨガである意味や身体の仕組みや呼吸にいたるまでの教えがなく、ただ身体を動かすダンスのような運動のような・・・

せっかく良いものと出会えた一歩を少しでも多くの方に実感していただきたく、今日は少しブログでお話ししたいと思います。

まず今日は少し呼吸のお話し(^_-)-☆

人間は水を1日飲まなくても食物をとらなくても数日間、週数間生き延びることは可能です。

でも呼吸は5分でも止めていると生きていけません。

人は1日のうちおよそ2万回もの呼吸を行ってます。
(私たちは、1分間に7.6リットル以上の空気を吸い込んでます。
私達が呼吸する空気には酸素が20%くらいであと1%未満の微量の二酸化炭素そして残りはみな窒素です。)

当たり前のように呼吸をして身体が勝手にやってくれているとみなしがちです。

それだけの回数を行う呼吸にほんの少し改善がなされたら、肉体と精神と感情にあらわれる変化に気づくはずです。