私の血液、今アメリカ!?アレルギー編①

2018.02.23|スタッフブログ

こんにちは。

今日は、アレルギーについて書きたいと思います。

近年、食物アレルギーやアレルギー性鼻炎、花粉症なども含め

アレルギー体質の方をよく耳にします。

では、自分のアレルギーは何故おこるのか!

日本で通常行う検査はIgEという即時型の抗体を調べます。

かつては私もかなり幅広く強いアレルギー反応が出てまして、

食物アレルギーに関しては唇が腫れたり、湿疹が出たりしたものです。

病院ですすめられ検査した事があり、1年を通して花粉やハウスダストなどもあり、

本当に辛かった事を今でも覚えております。

体質改善として、ヨガやフィットネスファスティング、生活習慣と運動習慣を

見直し今では、あんなに酷かったアレルギー反応がほとんど感じなくなりました(#^.^#)

今回お話しするアレルギーはそうしたものではなく

「遅延型アレルギーIgG」検査についてです。「隠れアレルギー」とも呼ばれています。

この検査では、反応が弱く反応に時間がかかるため、原因に気づかずに生活してしまいます。

そうした生活のなかで、様々な症状の原因になっている場合があるのです。

例えば、アレルギーの他に、片頭痛、慢性じんましん、消化不良、手湿疹

睡眠の質、憂うつな気分、集中力欠如、イライラ・・・など様々な症状が慢性的に出るそうです。

そこで、今回私はこの「遅延型アレルギーIgG」検査してきました!!!!!

日本はまだまだそうした環境が整っていないのが残念です。

今頃、私の血液はアメリカの研究所に運ばれている頃です。

結果は2週間ほどかかるので、またご報告いたしますね(^_-)-☆